読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひゃくぱぁプライベートな

 

 

わたしは色んなことを感じたり考えたぶん、それを出していかないと

なんだかパンパンになっちゃうみたいで、小学生の時から本当にまいにち日記を書いています。実家にいた時は鍵が付いてる2段目の机の引き出しに入れてて、今は一人暮らしなので本棚の一番左に置いてる。

実家に帰省した時に昔の日記帳を読み返したら、「キングコングのスタンプが面白かった」てだけ書いてある日があった。多分エムワンでやったショップ店員とお客さんみたいなネタで、「ポイントカードは1円につき1ポイント押しますね」ってただそこにハマったみたいで。いま文章で見ると全然面白くないのに。きっと漫才の中ではすっごく面白かったんだろうなあ。10歳くらいの時の私はテレビ何見てもお腹抱えて笑ってたから、日記がほとんどテレビ番組の面白かった部分を書き逃げる感じだった。小学生の時に吹奏楽をやっていて、講師の先生に「毎日美しいと思ったものを5つ書きなさい。そしたらもっと良い演奏になる」と言われて、帰ってすぐに(お家から小学校が目と鼻の先でした)、「美輪明宏」と5回書いて次講師の先生に会った時に見せた気がした。私にとってその時綺麗なものは美輪明宏だったことは何かの認識違いだとは思うんだけど。講師の先生が、「違う。毎日美しいなと感じたものを5つ書くんだよ。新しく見つけていかないと。」とちょっと怒られ、友達のノートを見たら「水道から出る水が綺麗でした。家で育ててるサボテンが綺麗です。」って書いてあって、こんなの何にも面白くないと思って私は面白いと思ったことを書くことにして。意外とどんな場面でも面白い事って隠れてるもので、それを見つけ出せるのって幸せで楽しいのよ〜ってお母さんに言われてそれを素直に受け止めた小学生の私は、とりあえずなんでも面白く変換しよと考えすぎて、笑ってはいけないニュースの時にお兄ちゃんとケラケラ笑ってお父さんにすうごい怒られた。不謹慎て言葉を知った時だったと思う。

当時の私のお気に入りの番組が「細木数子ズバリ言うわよ!」だった。芸能人の誰かが、「あなた毎日お風呂で冷水を浴びなさい」て細木数子に深刻に言われてるシーンとか、細木数子を笑わせられるのか?できんにくんがネタを見せた後に「それはやめたほうがいい」て深刻な音楽と共に言われてるところとか、挙げたらきりがないくらい面白かった。パペットマペット細木数子に「黒頭巾失礼ですよ」と言われた時は泣くほど面白かった。日記は数子「」で持ちっきりだった。最近は携帯のメモにいちいち面白かったことをメモしてるから見返すと本当に訳が分からなくて面白い。「ひょ」て見えるのはだいたい兵頭さんのすべらない話が面白くて「ひょうどうさん たこ焼き」とかメモしていて、でもやっぱり「おぎは5歳で感情を捨てた」ってメモが何回見ても面白い。セルフコントロールがちゃんとしてるみたい。たかみぃが本当に疲れてぐったりしてる時に部室で意味わからない鳴き声の動物の動画を真剣に見始めて一人で大爆笑してたことがある。素晴らしい。

 

違う…。わざわざこれを書いてるのは、日記帳が終了したのに新しいのを買えてなくて、何かこう15年間してることをしないと気持ち悪くなっちゃって、吐き出さなくちゃ、後でも消せる、書くよりたまには打つ方にしよと思ったからです。

昨日の日記まだ書けてないから。自己満足だからきっと私以外の誰かが読んでもつまらなくて仕方ないと思う。発散したいためのものと発信したいためのものはちと違うもんね。ただこれで「まりちゃんズバリ言うわよ見てたの?!面白いよね」とか「くりぃむナントカもオモバカもエンタも好きだ(書いてないか)」とか言われたらそりゃあ嬉しい、、。

 

 

昨日は聞きそびれたバナナムンと三四郎のオールナイトニッッッッッポン0を聞いてESを書いてパソコンをいっぱいして本を読んで、それからバイトだ!!てことに気づき準備をした。まず部屋着から友達から送られてきたyoutubeのリンクを開いて動画を見ながら私服に着替えた。ヘェ〜こんな面白い芸人埋もれてるんだ。と思った反面、面白い人が埋もれてる分、つまらない芸人も多いんだなあ。と変な気持ちになりながら送られてきてる動画を全部見た。まだストッキングは片足しか通ってなかったけど。その友達はアンダーグラウンドの人たちが大好きで、私の知らない面白い人とか音楽をたくさん教えてくれる。アンダーグラウンドって失礼か。ゴメンなさい。でも正直アンダーグラウンドのものたちは私には苦手分野なようで、面白い人はすっごく面白いけど、そう思えない人はずっとつまらなくて、きっといろんな人に揉まれて推敲されて良い人はどんどん良くなってテレビに出たりするのかな、だから私は完成されてるテレビの方に偏るのかもなと思った。とは言いつつもなんだって知らないだけで、まだまだおもしろいのいっぱいあるんだろうなとも思ってるし、そこでバナナマンみたいに本当に好きだなと思えるものに沢山出会えたらそれは最高良いことだなあとふむふむしながら、友達に「半分おもしろい、半分はまだ分からなかった」と感想を送った。それでやっと化粧をしようとしたら店長からメールで「1時間早く出勤できない?」と聞かれて、「はい」と返してノーメイクのまま電車に乗ってバイト先に行った。バイト先の更衣室に入ったら新人のハーフの子が下着というかブラとパンティでびっくりした。ヒィ…ていったら「なんか着替えってめんどくないですか?!一旦全部脱いじゃいました!」と言われて、カッケーとおもった。私は1年半経ってもシャツにつけるリボンが変になっちゃうからいつも誰かにやってもらってるのに。昨日も「ワタナベ、首、変だよ」と店長に言われ、(首、変だよ・・・)と思いながら首触ってたら後輩に「リボンです笑」って直された。その後輩はアイドル?てくらい可愛くてお客さんもスタッフも会うたびに可愛い・・・という子で、3年付き合ってる彼氏がいるけど特に興味はないらしい。私のことがツボだといろんな人に言ってたら私の同期が「あれ偽天然だから!」と洗脳していた。天然な事なんてまず何もしていない。ポケットからイヤフォンをタラーって引きずってずっと歩いてしまっている時に「何の散歩してるの?」と煽ってきた同期に私の推し後輩が洗脳させられそうなのは負けていられない。でもその同期とも実はちゃんと仲良しです。網戸があるのに気づかないでお母さん〜って庭にいるお母さんのところに走って言っておでこにたんこぶ作ってきた時は天才だなとおもった。それで昨日は卒業してしまう先輩が二人いるし土曜日だし。でお店はわたわただった。綺麗な女性のお客さんが「男にとっていい女っていうのはね〜、都合のいい女なのよ」と連れの方に言っていた。なんかすごいなと思った。とにかく混んでるけど新人の子ばかりだったのでとにかく動いて動いてヒィヒィしていた。でもバーだしわたわたは出しちゃけないなって頑張って落ち着いてるふりをした。常連さんが裏でアイス食べてきなってアイスをくれた、他の常連さんは開けたてのラフロイグのダブルカスクを飲ませてくれた、飲んでおくべきお酒だったダブルカスク、いい経験しかないバイト先である本当に。卒業される先輩が写真とろう!と言ってくださって写真を撮った。超美人で震えました。いつもよりいっぱい働いてぐったりな時に、裏で携帯を見たら、私の大好きな友達でもあり先輩のれいみさんから22:22のスクショが送られてきていた。最近は大好きなゾロ目も見れていなかったから本当に嬉しくて、弱っていたこともあって泣きそうになった。にゃんにゃんゾロ目をすぐに保存して、わあバイト頑張れる!って元気になってまたバイトに戻った。それで時間経ってちかれて休憩に行った時に今度は付き合っている人から「バイトでした!」みたいなのきてて、うぎゃ〜〜て疲れてる時に携帯見て好きな人からラインきてた時の嬉しさってすごいパワーだなぁと思った。そんなただのラインの返事で何の活力になるなんて好きの力はすごいもんですね。いい具合になんとか毎日幸せに生きてるとは思ったところで、バイト頑張って、やっとこ退勤して、0019の電車に乗るためにいっそいで着替えて0015にバイト先を出て無事に横浜線に乗った。駅着いてからの帰り道は、あ、ラフターナイト聞けなかったな。としょんぼりしてとぼとぼ歩いてたけど、そういえば大好きな先輩に追いコンでいただいたかっこいいペンとかのお礼言わなくちゃ。と思って、「ペンすっごく書きやすかったです!」とラインをした。そしたら、「よかったーあれせせと選んだんだよ」と返信が来て、頭の中がパニックになってしまった。え?わ?ん?どひゃ〜〜〜てなって。嬉しくて泣きそうになった。その時私はコンビニで龍角散のど飴を買おうとレジを並んでいて、頑張ってこらえてたのに、順番が来て店員さんがいつもの方だったから「あっお疲れさまです」と言ってくれて、やばい、泣いてしまいそうだから早くレジを済ませたい。と思って「スイカで払います。」といってスイカを置いてるのに全然反応しなくてでも泣きそうなのでずっと下を向いていて、いつもの店員さんに「手だけじゃ払えない…」と笑われて、スイカを出さないで手置いてるだけだったらしく急いでコートのポッケからスイカを出してお会計を済ませてコンビニを出て、乗り切ったあ〜て一人でドキドキして。そのあとにせせに電話していい?とラインをしたら、もう一人暮らしじゃないからちょっとなら!てきて電話をして「ペン、一緒に選んでくれたの知らなくて、さっき大輔さんから聞いて嬉しくれしくて本当に嬉しくて」と言った。そしたらせせが選んだ時の話とかをしてくれてもっと泣きそうになっちゃった。私は今回もらう方じゃないのに、こんなに良くしてもらって本当にずっと大切にしていきたいなと思った。せせと最近全然連絡取らなくなっちゃってちと離れてしまったなと気になってたからそれもあって嬉しかったし、本当にみんなに幸せにしてもらってるなって雨なのに傘もいいやあ!(私は傘をうまくさせません)て元気よく帰った。胸がいっぱいって本当にあるんだな。すごい。もうなんか、うう。。うう。。。てなるの。1:11を撮れたからすぐにれいみさんにお返しで送りたいなと思ってワンワンゾロ目送った。前に飲み会の時にやたら俺ツッコミだから見たいなポジションの男が隣で、2121を見れた時にゾロ目!と見せたら、「そんなのではしゃいでるの子供だね〜〜もう俺はいろんなこと経験して心が大人だからゾロ目何も感じねえわ」と言われて「かわいそうですね」と言おうとしたがやめた。私のお母さんは50歳でもゾロ目とか小さなことで大喜びするけど馬鹿ではないし本当に人生幸せそうなのだ。この間もお母さんは、お父さんがプゥておならしたのに10分くらいずっとコソコソ笑っていた。トイレで大きなおならをしたお父さんにお母さんがトイレの方に走って行って「お父さん、なぁにい〜?」ていうのも面白い。「え?おならだよ・・・」という返事に自爆してピィピィお腹押さえて笑うお母さんがかわいい。家帰ってきて落ち着いて日記かこうと思ったらそうもう最後のページ終わってたっけから、書けなくて、とりあえずお風呂はいって明日の予定立てて寝よう…てしょぼんとして、お風呂ではネットショッピングをしてたらのぼせちゃって大変だった。髪乾かして、ベットのシーツ敷いて(細かいからいつもシワないのが好きで)、メモ帳に明日の予定を書いて、目覚ましセットして寝ました。はあ、すっっきりした。。。。勢いだけで書いたし発散だから絶対読み返せないけど、すごくふぁああって気持ち。もう終わり、新しい日記帳いいの見つかるかなあ。ぴえ〜。